ホーム > 書籍出版 > 売れ筋ランキング

書籍出版

売れ筋ランキング

1
批判的工学主義の建築
藤村龍至 著
発売日 :2014.09.24
定価 :1,944円

建築家・藤村龍至の思考を集成した、初の単著! 情報技術によるネットワーク化と経済のグローバル化が進むいま、建築や都市はどのように変化したのか。建築家は何ができるのか。超高層ビル、巨大モール、物流倉庫...

詳細ページへ

批判的工学主義の建築
2
大格差
タイラー・コーエン 著
若田部昌澄 解説
池村千秋 訳
発売日 :2014.09.11
定価 :2,592円

テクノロジー失業に陥らないために何をなすべきか? 近年の世界的な富裕層と貧困層の格差拡大の根底には「経済のグローバル化」「テクノロジーの進化による生産性の向上」「停滞した産業と活力のある産業の二極化...

詳細ページへ

大格差
3
反逆の神話
ジョセフ・ヒース/アンドルー・ポター 著
栗原百代 訳
発売日 :2014.09.24
定価 :2,700円

カウンターカルチャーは、本当に社会を変えられるのか? 消費社会への批判と、その影響を受けた運動は、現実に問題を解決してきたか。資本主義に根ざす現代社会は様々な問題を抱えているとはいえ、それを根こそぎ...

詳細ページへ

反逆の神話
4
世界はデタラメ
ブライアン・クレッグ 著
竹内薫 訳
発売日 :2014.06.30
定価 :2,376円

偶然の世界へようこそ! ●3つの天体――地球、月、太陽の運動さえ正確に測れない事実が、決定論的宇宙観を一掃 ●カオス――カオス理論が決定論の「なごり」を覆した ●ランダム――素粒子のレベルでは、すべてが確率に依...

詳細ページへ

世界はデタラメ
5
ファーム・コミットメント
コリン・メイヤー 著
宮島英昭 監訳
清水真人/河西卓弥 訳
発売日 :2014.06.30
定価 :3,024円

①従来の株式会社の中心思想である株主優先の構造の限界を指摘。 ②ステークホルダー(企業の利害関係者)への義務の確保や信頼できる多様なコミットメント(関与)を形成するためのメカニズムを考察。 ③そのための具体...

詳細ページへ

ファーム・コミットメント
6
2030年の世界経済
イワン・ツェリッシェフ 著
発売日 :2014.07.28
定価 :2,700円

国際的なエコノミストがユニークな視点からグローバル経済の現状と2030年までのシナリオをわかりやすく解説する。 本書で焦点が当てられているのは、これまで世界経済をリードしていた先進国と新しいリーダーとし...

詳細ページへ

2030年の世界経済
7
国際社会で働く
嘉治美佐子 著
発売日 :2014.09.11
定価 :1,944円

長年、国際機関で働く著者の視点で、国際政治の現場における外交官たちのかけひきや共闘、独特の慣わしやルール、国際社会で働くための心得などを紹介し、そこが実際にどんな世界かを描く。また、国連の人道支援...

詳細ページへ

国際社会で働く
8
悪い奴ほど合理的
レイモンド・フィスマン/エドワード・ミゲル 著
田村勝省 訳
溝口哲郎 解説
発売日 :2014.02.24
定価 :2,160円

途上国の腐敗・内戦・貧困の原因はひとつではない。アジアやアフリカでの独自の調査や統計データを基に、最新の手法で謎に迫る。『ヤバい経済学』のレヴィットも絶賛する楽しいけど大事な経済学。

詳細ページへ

悪い奴ほど合理的
9
2020年のリテール金融投資サービス
NTTデータ経営研究所 編
武藤健 著
発売日 :2014.07.28
定価 :2,916円

相続で進む個人投資家の世代交代。その動向、スタイル、ニーズを徹底分析! 国内初4万人超の30~40代個人投資家を対象にした調査を実施・分析。今後5~10年で投資家の世代交代が進み、従来の「委託型」から「自己...

詳細ページへ

2020年のリテール金融投資サービス
10
日本の都市のなにが問題か
山崎福寿 著
発売日 :2014.09.24
定価 :2,592円

日本の都市に未来はあるのか? 都市は、私たちの生活を支える一番重要なインフラであり、経済成長を考えるうえでも欠かすことのできない存在になっている。また、少子高齢化の進む日本にとって、地方の過疎・都市...

詳細ページへ

日本の都市のなにが問題か