ホーム > 書籍出版 > 売れ筋ランキング

書籍出版

売れ筋ランキング

1
大格差
タイラー・コーエン 著
若田部昌澄 解説
池村千秋 訳
発売日 :2014.09.11
定価 :2,592円

テクノロジー失業に陥らないために何をなすべきか? 近年の世界的な富裕層と貧困層の格差拡大の根底には「経済のグローバル化」「テクノロジーの進化による生産性の向上」「停滞した産業と活力のある産業の二極化...

詳細ページへ

大格差
2
城壁なき都市文明 日本の世紀が始まる
増田悦佐 著
発売日 :2014.11.26
定価 :1,944円

なぜ「城壁なき都市」は強いのか?! 経済覇権を握る国の共通点は、城壁がない都市を持つことである。西洋に典型的な城塞都市はなぜ覇権を握れないのか。実はアムステルダム・ロンドンは「城壁がない」から成長で...

詳細ページへ

城壁なき都市文明 日本の世紀が始まる
3
批判的工学主義の建築
藤村龍至 著
発売日 :2014.09.24
定価 :1,944円

建築家・藤村龍至の思考を集成した、初の単著! 情報技術によるネットワーク化と経済のグローバル化が進むいま、建築や都市はどのように変化したのか。建築家は何ができるのか。超高層ビル、巨大モール、物流倉庫...

詳細ページへ

批判的工学主義の建築
4
反逆の神話
ジョセフ・ヒース/アンドルー・ポター 著
栗原百代 訳
発売日 :2014.09.24
定価 :2,700円

カウンターカルチャーは、本当に社会を変えられるのか? 消費社会への批判と、その影響を受けた運動は、現実に問題を解決してきたか。資本主義に根ざす現代社会は様々な問題を抱えているとはいえ、それを根こそぎ...

詳細ページへ

反逆の神話
5
啓蒙思想2.0
ジョセフ・ヒース 著
栗原百代 訳
発売日 :2014.10.24
定価 :3,240円

いまや西洋世界は〈右翼と左翼〉ではなく、〈狂気と正気〉に分断されている。民主主義や市場経済といった近代社会の礎が危うくなってきている。状況を打開するためには、〈啓蒙思想〉の再起動が必要だ――旧来の啓...

詳細ページへ

啓蒙思想2.0
6
新興大国インドネシアの宗教市場と政治
見市建 著
発売日 :2014.11.26
定価 :2,484円

巨大な潜在市場をもつインドネシアの実像 世界第4位の人口大国インドネシア。1998年のスハルト政権崩壊後の民主化の動きのなかで、メディアに登場する商品化された宗教市場の様相や政党の選挙戦略の変遷を論じる...

詳細ページへ

新興大国インドネシアの宗教市場と政治
7
完全対策 インターネット検定 .com Master ADVANCE 問題+総まとめ
梅本佳宏 監修
発売日 :2014.09.24
定価 :3,024円

『NTTコミュニケーションズ インターネット検定.com MasterADVANCE公式テキスト』のカリキュラムに準拠した、検定対策書。同検定の「★(シングルスター)レベル」と「★★(ダブルスター)レベル」の受検対策を本書1冊...

詳細ページへ

完全対策 インターネット検定 .com Master ADVANCE 問題+総まとめ
8
サイバーセキュリティ
サイバーセキュリティと経営戦略 研究会 編
発売日 :2014.03.13
定価 :2,592円

サイバーセキュリティという発展途上の概念をめぐって、どのような事態が進行しているのかを知り、それによって企業や個人をどのように守り、また価値を創造していくのかを考えるための切り口を提供する。 著者...

詳細ページへ

サイバーセキュリティ
9
国際社会で働く
嘉治美佐子 著
発売日 :2014.09.11
定価 :1,944円

長年、国際機関で働く著者の視点で、国際政治の現場における外交官たちのかけひきや共闘、独特の慣わしやルール、国際社会で働くための心得などを紹介し、そこが実際にどんな世界かを描く。また、国連の人道支援...

詳細ページへ

国際社会で働く
10
日本の都市のなにが問題か
山崎福寿 著
発売日 :2014.09.24
定価 :2,592円

日本の都市に未来はあるのか? 都市は、私たちの生活を支える一番重要なインフラであり、経済成長を考えるうえでも欠かすことのできない存在になっている。また、少子高齢化の進む日本にとって、地方の過疎・都市...

詳細ページへ

日本の都市のなにが問題か