ホーム > 書籍出版 > ブラマンテ 盛期ルネサンス建築の構築者 

ブラマンテ 盛期ルネサンス建築の構築者 

ブラマンテ 盛期ルネサンス建築の構築者 稲川直樹/桑木野幸司/岡北一孝 著

稲川直樹/桑木野幸司/岡北一孝 著

発売日:2014.12.22
定価:6,912円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-4335-7

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

ブラマンテがいなければ、16世紀以降の建築史が全く別のものになっていたと言われるほど、彼が後世に及ぼした影響は大きい。ラファエロに建築の手ほどきをし、ミケランジェロと教皇の寵を競った、偉大な建築家の全貌を明らかにする。

書評掲載情報

週刊読書人(2015年3月20日付)

目次

第1章 15世紀ウルビーノの建築文化とブラマンテの修行時代
ウルビーノ宮廷と建築文化
レオン・バッティスタ・アルベルティ
透視図法
絵画と建築
ウルビーノのパラッツォ・ドゥカーレ
駆け出しのブラマンテ

第2章 宮廷芸術家
ロンバルディーアへ
建築的絵画から絵画的建築へ
画家ブラマンテ
詩人ブラマンテ
建築技術者ブラマンテ

第3章 スフォルツァ家の建築家
ミラノ公国の絶頂期
ヴィジェーヴァノ
サンタ・マリア・デッレ・グラーツィエ修道院
サン・タンブロージョ修道院
ミラノ時代後期の実験
ミラノ時代のブラマンテの仕事術

第4章 教皇庁の建築家
15世紀後半のローマ建築
古代ローマとの遭遇
サンタ・マリア・デッラ・パーチェの回廊
パラッツォ・カステッレージ
サン・ピエトロ・イン・モントリオのテンピエット

第5章 ブラマンテとユリウス2世
ヴァティカン宮殿
サン・ピエトロ聖堂
中小聖堂の試行と実験
パラッツォ・カプリーニ
都市計画とパラッツォ・デイ・トリブナーリ

第6章 ランドスケープ・アーキテクトとして
ベルヴェデーレの中庭――計画の概要
ベルヴェデーレの中庭の構成
絵画としての建築
彫刻の中庭
ジェナッツァーノのニンフェウム
後世への影響

第7章 ブラマンテの遺産

著者紹介

稲川直樹(いながわ・なおき):1953年生まれ。中部大学工学部教授。
桑木野幸司(くわきの・こうじ):1975年生まれ。大阪大学文学研究科准教授。
岡北一孝(おかきた・いっこう):1981年生まれ。大阪大学文学研究科非常勤講師。