ホーム > 書籍出版 > オックスフォード古書修行 書物が語るイギリス文化史

オックスフォード古書修行 書物が語るイギリス文化史

オックスフォード古書修行 中島俊郎 著

中島俊郎 著

発売日:2011.09.22
定価:2,592円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4280-0

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

大ベストセラー誕生と挿絵の関係、元祖婦人雑誌に見る美意識のありか、レシピ本の味読、文学巡礼の誕生、翻訳大国としての横顔など、長年愛読される書物から紡ぎ出されるイギリス文化の魅力を描く。

目次

はじめに──古書の花咲くオックスフォード
第1章 いざ出陣──挿絵本は不滅なり
第2章 信じられない成果──婦人雑誌は花ざかり
第3章 善戦また善戦──ナンセンス詩人はいずこへ
第4章 武器補充──レシピ本は笑う
第5章 しばし休戦──寿司をつまむゲーテ
第6章 接戦の末──ワーズワス、おおいに歩く
第7章 矢も尽き刃こぼれ──本は自転車に乗って
第8章 あやうい勝利──秘密は「蜜」の味
第9章 戦い終えて──翻訳三大噺
結びにかえて──遥かなるオックスフォード

著者紹介

中島俊郎(なかじま・としろう)
1949年生まれ。甲南大学文学部英語英米文学科教授。イギリス文学専攻。
甲南大学大学院人文科学博士課程英文学専攻単位取得。オックスフォード大学コーパス・クリスティ・カレッジ研究員(1997‐1998)を経て現職。
主な著訳書にキース・トマス『歴史と文学』、同『人間と自然界』(共訳)、『イギリス的風景』など、また翻刻書としてマリオ・プラーツ『イギリス文化・文学論集』などがある。