ホーム > 書籍出版 > アニメが「ANIME」になるまで 『鉄腕アトム』、アメリカを行く

アニメが「ANIME」になるまで 『鉄腕アトム』、アメリカを行く

アニメが「ANIME」になるまで フレッド・ラッド/ハーヴィー・デネロフ 著

フレッド・ラッド/ハーヴィー・デネロフ 著

久美薫 訳

発売日:2010.03.17
定価:3,024円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-4229-9

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

1963年、『Astroboy』(原題『鉄腕アトム』)全米で放映され、その後日本アニメは人気を博した。本書は当時の吹き替え監督による回想録。業界内部から回想は、日本では謎とされている多くの点を明らかにしている。アニメ研究に必携の一冊。

目次

第1章 アトム、ニューヨークに立つ!
第2章 ラッド、手塚治虫に会いに行く
第3章 鉄人28号とエイトマン、アトムに続く!
第4章 『アトム』の次は『ジャングル大帝』
第5章 手塚治虫と虫プロの黄昏―日本製アニメ暗黒時代へ
第6章 その他の虫プロ作品の顛末
第7章 釣り逃した魚『マッハGoGoGo』
第8章 韓国作画の時代始まる
第9章 そして1978年――10年ぶりに帰ってきた日本のアニメ
第10章 1995年、『セーラームーン』来襲
第11章 『アトム』が切り開いた日本アニメ産業の勃興
第12章 日米訴訟に巻き込まれた『アストロボーイ』
第13章 ANIMEを彩る「死」
第14章 ANIMEに息づくサムライの精神
第15章 我がもうひとつの『アトム』――『ピノキオの宇宙大冒険』とANIMEと火星の旅
第16章 民族同一性と同性愛と
第17章 ANIMEファンが増殖する
第18章 そして45年後――ANIMEはどこへいく?
第19章 神(手塚)の作り給ひしもの

補章1 年表:ANIMEが世界を席巻するまで
補章2 よくある質問と回答

著者紹介

[著者]
フレッド・ラッド
多くの日本アニメの吹き替え監督、シナリオ翻訳を手がけた人物。
手がけた作品に『鉄腕アトム』、『鉄人28号』、『科学忍者隊ガッチャマン』、『美少女戦士セーラームーン』などがある。

[編集]
ハーヴェイ・デネロフ
サバンナ美術大学教授。映画とアニメーション史と理論研究を専攻。

[翻訳]
久美 薫(くみ・かおる)
アメリカのアニメ情報誌「Anime News Network」のスタッフ。
著書に『宮崎駿の仕事』『宮崎駿の時代』(ともに、鳥影社)がある。