ホーム > 書籍出版 > 情報の大発見時代をどう生きるか 連脳社会で環境革命

情報の大発見時代をどう生きるか 連脳社会で環境革命

情報の大発見時代をどう生きるか 池田茂 著

池田茂 著

発売日:2009.07.17
定価:1,296円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-0259-0

品切れ

この本の内容

世界中のあらゆる人の膨大な知性・知識がつながる「連脳社会」がやってきた。ITのもたらす社会システムの大変化の本質を見つめ、人類と環境が調和する豊かで幸せに満ちた「環境革命」の展望を力強く語る。

目次

第1章 デジタルは時代を動かす
第2章 環境革命がもたらす新しい価値体系
第3章 生命情報が環境問題を明らかにする
第4章 環境革命のために 日本が世界に向けて発信できること
第5章 連脳社会がやってくる
第6章 連脳時代を生きる

コラム
情報大発見の時代――環境革命のアプローチ
大規模集中から小規模分散へ――太陽光発電システムの取り組み
炭鉱のカナリア――野鳥保護活動と環境問題
マルチメディア教育への貢献――こねっとプラン

著者紹介

池田茂(いけだ・しげる)
1941年生まれ。スカパーJSAT取締役、NTTレゾナント顧問。
1964年、東京大学法学部を卒業。同年、日本電信電話公社に入社。1999年、NTT-ME設立時に同社社長に就任し、NTT-X代表取締役社長を兼任した。