ホーム > 書籍出版 > 比較歴史制度分析 

比較歴史制度分析 

比較歴史制度分析 アブナー・グライフ 著

アブナー・グライフ 著

岡崎哲二/神取道宏 監訳

発売日:2009.12.09
定価:7,344円
サイズ:B5判変型
ISBNコード:978-4-7571-4124-7

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

【 叢書《制度を考える》】   

ゲーム理論を用いて中世の地中海貿易の構造を分析した大著。著者が創始した「比較歴史制度分析」の手法は、制度分析における、数理モデルと歴史研究のギャップを埋める画期的な試みとして世界的に注目されている。

目次

序文
第一部 準備
第1章 イントロダクション
第2章 制度と取引
第二部 均衡状態にあるシステムとしての制度
第3章 自律的秩序による契約履行制度:マグリブ商人の結託
第4章 国家の触手から所有権を守る:商人ギルド
第5章 内政的な制度とゲーム理論分析
第三部 歴史的過程としての制度のダイナミクス
第6章 内生的制度変化の理論
第7章 制度の軌跡:過去の制度は現在の制度にどのような影響をおよぼすか
第8章 国家の建設:ジェノヴァの興亡
第9章 制度の軌跡とその起源:文化に根ざした予想と社会組織
第四部 比較歴史制度分析における実証の方法
第10章 個人的関係に依存しない取引の制度的基礎
第11章 理論:歴史対話型の文脈に依存した分析
第12章 制度,歴史,発展
付録A ゲーム理論入門
付録B 社会学的人間は戦略的か?
付録C 理論の役割:評判に基づく自律的秩序制度

著者紹介

●著者
アブナー・グライフ:スタンフォード大学経済学部教授。
経済学、ゲーム理論を歴史に応用した比較歴史制度分析の第一人者。

●訳者
岡崎哲二(おかざき・てつじ):東京大学大学院経済学研究科教授。
日本経済史および日本における比較歴史制度分析の主導者。
著書に『日本の工業化と鉄鋼産業』(東京大学出版会、サントリー学芸賞)、『江戸の市場経済』(講談社メチエ)がある。

神取道宏(かんどり・みちひろ):東京大学経済学部教授。
進化ゲーム理論の分野で世界的な業績を上げている。