書籍一覧

全279件中41~60件を表示しています。

書籍名順(50音順)

アナザーユートピア
槇文彦/真壁智治 編著
発売日 :2019.03.02
定価 :2,970円

「都市の余白」から、夢を描く! 槇文彦の問いに、分野を超えた17名の論者が応答する  建築家・槇文彦は近年の論考「アナザーユートピア」で、これまでのように建築から都市をつくるのではなく、「オープンスペ...

詳細ページへ

アナザーユートピア
アニメが「ANIME」になるまで
フレッド・ラッド/ハーヴィー・デネロフ 著
久美薫 訳
発売日 :2010.03.17
定価 :3,080円

1963年、『Astroboy』(原題『鉄腕アトム』)全米で放映され、その後日本アニメは人気を博した。本書は当時の吹き替え監督による回想録。業界内部から回想は、日本では謎とされている多くの点を明らかにしている。...

詳細ページへ

アニメが「ANIME」になるまで
アニメ学
高橋光輝/津堅信之 編著
発売日 :2011.04.22
定価 :3,080円

アニメの制作、製作の実際からビジネス、法律、教育まで、日本の「アニメ」を学問的アプローチから明かす決定版。様々なアプローチから現代日本における映像文化の現状を明かす。日本動画協会理事長・布川郁司氏...

詳細ページへ

アニメ学
アニメ作家としての手塚治虫
津堅信之 著
発売日 :2007.03.28
定価 :2,640円

マンガの神様は、日本初の国産テレビアニメを作った人物でもあった。本書は、手塚が日本のアニメーション全体に与えた影響を、総合的な視点から捉えなおす研究書である。

詳細ページへ

アニメ作家としての手塚治虫
アニメックの頃…
小牧雅伸 著
発売日 :2009.01.26
定価 :1,980円

あのころ『ヤマト』が、『ガンダム』が青春だった……。1970年代末、世は空前のアニメブームだった。その中で創刊された伝説のアニメ誌『アニメック』。名物編集長が自ら綴る、熱い時代の記録。

詳細ページへ

アニメックの頃…
アニメの魂
イアン・コンドリー 著
島内哲朗 訳
発売日 :2014.02.24
定価 :3,080円

アニメ作家、キャラクターと世界観、制作スタジオ、スポンサーや関連企業、海外ファン、そしてオタク。広範なフィールドワークをもとに、アニメが人々を結びつける時に発生する創造のエネルギーを鮮やかに描くア...

詳細ページへ

アニメの魂
アニメビジネスがわかる
増田弘道 著
発売日 :2007.07.25
定価 :1,980円

だれも書くことのなかった「アニメの値段」を徹底リサーチ! 経済的にも投資対象としても注目されるアニメメーションをデータに基づき解説、分析する。

詳細ページへ

アニメビジネスがわかる
アフターマス
飯沢耕太郎/菱田雄介 著
発売日 :2011.10.24
定価 :2,420円

東日本大震災は大きな爪痕を残したが、写真その悲惨な情景だけではなく、そこから立ち上がる人々の姿も映し出せる。故郷仙台が被災した写真評論家と若き写真家がともに訴える、いま必要な写真と写真論。

詳細ページへ

アフターマス
アフター・ヴィクトリー
G・ジョン・アイケンベリー 著
鈴木康雄 訳
発売日 :2004.07.28
定価 :4,180円

世界のパラダイムが変わるような戦争後、勝者が世界の秩序をどのように構築するかで、以降の平和のあり方が決まる。近現代史を画する4つの「戦後」国際社会を克明に追い、戦後構築の成否を分ける論理と戦略を描く。

詳細ページへ

アフター・ヴィクトリー
アマゾン漢方
永武ひかる 著
発売日 :1996.11.19
定価 :1,388円

呪術師、密林ハーブ、不思議な癒しの力……。ペルーアマゾン、アンデスに潜む、知られざる植物のスピリットを、迫力のカラー写真で紹介。

詳細ページへ

アマゾン漢方
アマチュアオーケストラに乾杯!
畑農敏哉 著
発売日 :2015.04.23
定価 :1,870円

LET'S PLAY TOGETHER! いま、日本にはアマチュアオーケストラ(アマオケ)が1000団体を超えて存在している。さらに、大学オケや中学、高校の吹奏楽部もある。 約40年間、アマオケでコントラバスを弾き、ついには自...

詳細ページへ

アマチュアオーケストラに乾杯!
雨男、お花畑をゆく
塚谷裕一 著
発売日 :1997.07.18
定価 :1,540円

同行の人に文句を言われ、ときには遭遇の憂き目にまであいながらも、北海道から西表島まで、珍しい草花を求めて駆け巡る。雨に好かれる植物学者のユニークな出歩きエッセイ。

詳細ページへ

雨男、お花畑をゆく
アメリカ 多数派なき未来
浅海保  著
発売日 :2002.08.24
定価 :1,980円

マイノリティを巡る最新の動向を盛り込み、人種の坩堝・米国のいまを描いた本書は、今後、少子化によって外国人労働者が増加するであろう日本に、その覚悟を問う。

詳細ページへ

アメリカ 多数派なき未来
アメリカ大恐慌(上)
アミティ・シュレーズ 著
田村勝省 訳
発売日 :2008.11.29
定価 :2,640円

そのとき、大統領とアメリカ国民はどう行動したのか? 1929年の株式市場の大暴落に始まるアメリカ大恐慌の時代を、多くの人物のエピソードと膨大な資料を駆使して描く。

詳細ページへ

アメリカ大恐慌(上)
アメリカ大恐慌(下)
アミティ・シュレーズ 著
田村勝省 訳
秋元英一 解説
発売日 :2008.11.29
定価 :2,640円

合衆国、最大の危機! ニューディール政策はうまくいったかに見えたが……。欧州の戦雲急を告げるなか、ローズヴェルト大統領は三選目を狙う。

詳細ページへ

アメリカ大恐慌(下)
アメリカ大統領の正義
猪口孝 著
発売日 :2000.10.11
定価 :1,045円

米国と英チューダー朝の相似、王朝的米国と封建的日本の相剋、情報公開によって作られる歴史など、新しい視点から眺める日米関係。

詳細ページへ

アメリカ大統領の正義
アメリカ大統領の挑戦
本間長世 著
発売日 :2008.04.26
定価 :2,640円

ウィルソンとローズヴェルトが残した「国際連盟」構想とニュー・ディール政策は、戦争の中に平和を希求した試みだったが、それらはブッシュ大統領やオバマに……。世界の希望は再び、アメリカの手に委ねられるのか。

詳細ページへ

アメリカ大統領の挑戦
アメリカの公共宗教
藤本龍児 著
発売日 :2009.11.13
定価 :3,080円

現代文明国家のチャンピオンとして存在するアメリカの精神性の根はどこにあるのか。「アメリカニズム」の本質を、「暗黙の前提」である、その宗教性から問いなおすとき、見えなかった現代文明の課題が浮かび上がる。

詳細ページへ

アメリカの公共宗教
アメリカは誰のものか
川北稔 著
発売日 :2001.09.19
定価 :1,870円

コロンブスのアメリカ発見という「事実」を抹殺したいイギリスがでっち上げた伝説が18世紀に突如復活し、意外な展開を見せる顛末を興味深く述べ、その裏にある近代国家、民族の問題を考える。

詳細ページへ

アメリカは誰のものか
アメリカを揺り動かしたレディたち
猿谷要 著
発売日 :2004.09.24
定価 :1,760円

独立、開拓、経済発展。とかく男性的な視点から描かれることの多いアメリカ史だが、じつは魅力と才気にあふれた女性がエポックとなり、切り開いてきた歴史もある。女性史として読むアメリカ。

詳細ページへ

アメリカを揺り動かしたレディたち