ホーム > 書籍出版 > サードフード・上 エシカルな食の未来を探して

サードフード・上 エシカルな食の未来を探して

サードフード・上 ダン・バーバー 著

ダン・バーバー 著

小坂恵理 訳

発売日:2023.12.25
定価:2,970円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-6086-6

オンラインで購入

この本の内容

わたしたちの食べ方は、
100年後も持続可能なのだろうか?

NYの星付き人気レストランのオーナーシェフによる 飲食産業にパラダイムシフトを起こす傑作ノンフィクション。世界中の農家や畜産家、養殖場、育種家を訪れ、エシカルな未来の食のあり方をさぐる。



本書は『食の未来のためのフィールドノート 上』(2015)の改題新装版です。内容に異同はありません。

目次

はじめに──未来への食の扉を開けてくれたトウモロコシ

Ⅰ部 土──見ているものの本質を理解する
 1章 子育てはいつから始まる?
 2章 小麦の歴史は人類の歴史
 3章 生命を奪われた小麦
 4章 雑草は役立たずではない
 5章 化学肥料で衰えた土壌
 6章 地下の眺め

第Ⅱ部 大地──自然からの贈り物
 7章 スペインの美味しいフォアグラ
 8章 豊かな自然が育むフォアグラ
 9章 シェフは料理の芸術家
 10章 チキンの悲劇
 11章 魚の餌になる鶏肉
 12章 デエサの恵み
 13章 天然フォアグラへの挑戦

著者紹介

【著者】ダン・バーバー:
1969年ニューヨーク州生まれ。タフツ大学卒業。ニューヨーク・ウェストビレッジの〈ブルーヒル〉、ニューヨーク郊外の農場直結型レストラン〈ブルーヒル・ストーンバーンズ〉シェフ・共同経営者。「ファーム・トゥ・テーブル」を掲げ、食材への徹底したこだわりと美しい料理で知られる。食や農業に関する教育活動家としても活躍。本書および〈ブルーヒル・ストーンバーンズ〉は、料理界のアカデミー賞と呼ばれる「ジェームズ・ビアード賞」を受賞(2015年)。「世界で最も影響力のある100人」(「タイム」誌)、「ニューヨーク市のベストシェフ」、「米国のトップシェフ」(ジェームズ・ビアード財団)に選ばれている。

【訳者】小坂恵理(こさか・えり):
翻訳家。慶應義塾大学文学部英米文学科卒。I・パラシオス=ウエルタ編『経済学者、未来を語る』(NTT出版)、B・スティル『ブレトンウッズの闘い』(日本経済新聞社)、T・カリアー『ノーベル賞で読む現代経済学』(筑摩書房)他多数。