ホーム > 書籍出版 > 善と悪のパラドックス ヒトの進化と〈自己家畜化〉の歴史

善と悪のパラドックス ヒトの進化と〈自己家畜化〉の歴史

善と悪のパラドックス リチャード・ランガム 著

おススメ本

火の賜物 リチャード・ランガム 著 火の賜物 リチャード・ランガム 著 われわれは、いかにして人間となったのか? 人類の...
人間は料理をする・上 マイケル・ポーラン 著 人間は料理をする・上 マイケル・ポーラン 著 キッチンは自然界への魔法の扉だ。人類は料理のお...
人間は料理をする・下 マイケル・ポーラン 著 人間は料理をする・下 マイケル・ポーラン 著 「食文化を歴史的に振り返りながら、人類の進化の...

リチャード・ランガム 著

依田卓巳 訳

発売日:2020.10.16
定価:5,390円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-6080-4

オンラインで購入

この本の内容

「ジキルとハイドの人格をキメラのように併せ持つ人間。
その理由を〈自己家畜化〉という新たな仮説で解説した瞠目すべき進化論」
山極寿一氏(霊長類学者・京都大学前総長)推薦 

スティ―ブン・ピンカー(認知心理学者)
マット・リドレー(科学ジャーナリスト)他 絶賛! 

寛容と暴力の人類史

最も温厚で最も残忍な種=ホモ・サピエンス。協力的で思いやりがありながら、同時に残忍で攻撃的な人間の特性は、いかにして育まれたのか? 世界を舞台に活躍する人類学者が、〈自己家畜化〉という人間の進化特性を手がかりに、長年のフィールドワークから得られたエビデンスと洞察、人類学、生物学、歴史学、心理学の新発見にもとづき、人類進化の秘密に迫る。

目次

はじめに 人間進化における善と悪 
第1章 パラドックス 
第2章 攻撃性のふたつのタイプ 
第3章 ヒトの家畜化 
第4章 平和を育む
第5章 野生動物の家畜化 
第6章 ヒトの進化におけるベリャーエフの法則 
第7章 暴君の問題 
第8章 処刑 
第9章 家畜化がもたらしたもの 
第10章 善と悪の進化 
第11章 圧倒的な力 
第12章 戦争 
第13章 パラドックス解消 

著者紹介

【著者】
リチャード・ランガム (Richard Wrangham)
ハーバード大学生物人類学教授、ピーボディ博物館霊長類行動生物学主幹。著書に『火の賜物』(NTT出版)、『男の凶暴性はどこからきたか』(共著、三田出版会)など。

【訳者】
依田卓巳 (よだ・たくみ)
翻訳家。訳書にランガム『火の賜物』をはじめ『宗教を生みだす本能』『使える脳の鍛え方』 (以上NTT出版)、『ザ・コピーライティング』(ダイヤモンド社)他多数。