ホーム > 書籍出版 > 書籍一覧 > 品切れ一覧

書籍一覧

全530件中61~80件を表示しています。

品切れ一覧

「公共性」論
稲葉振一郎 著
発売日 :2008.03.12
定価 :3,024円

人工環境の下で動物化する私たちに「市民社会」「公共圏」は可能なのか? 現代社会思想のキーワード「公共性」の概念を整理し、法学、経済学、現代思想、認知科学の成果を吸収して徹底的に考える。より良い世界を...

詳細ページへ

「公共性」論
モダンのクールダウン
稲葉振一郎 著
発売日 :2006.03.27
定価 :2,376円

モダンとポストモダンを通過した私たちにとって、「リアリティ」「公共性」とは何か? 東浩紀の動物化論、大塚英志の物語消費論を導きの糸として、文学、SF、萌え、そしてアレントやデリダも参照して、時代の「お...

詳細ページへ

モダンのクールダウン
名古屋と金シャチ
井上章一 著
発売日 :2005.02.15
定価 :1,728円

名古屋市役所の職員バッチ、高速道路の料金所、国際会議場からファンシーグッズまで、名古屋は至る所シャチだらけ。名古屋人の心をとらえて離さないシャチに秘められた文化と歴史を繙く著者の快作。

詳細ページへ

名古屋と金シャチ
旅路のアマデウス
井上太郎 著
発売日 :1996.09.17
定価 :1,362円

神に愛された天才の短い生涯は、よき理解者を求めての旅の連続だった。ロンドン、ミラノ、ボローニャ、プラハ…。旅先から父にあてた夥しい書簡に記された、若き日の素顔。

詳細ページへ

旅路のアマデウス
アジア学術共同体 構想と構築
猪口孝 著
発売日 :2005.01.25
定価 :3,564円

グローバリゼーションの潮流の中で政治、経済、文化の各面で大規模に変貌しつつあるアジアを見据え、一線の研究者たちが学術共同体の可能性と展望を語り、その構築にむけた提言を行なう。

詳細ページへ

アジア学術共同体  構想と構築
日本のアジア政策
猪口孝 編
発売日 :2003.12.13
定価 :3,672円

日米関係の裏側でしかなかった日本のアジア政策が如何に変容しつつあるかを、20世紀最後の10年と21世紀初頭に焦点をあてて考察。近隣各国の対日本意識を詳説することで客観的な日本のアジア政策理解を目指す。

詳細ページへ

日本のアジア政策
地球政治の構想
猪口孝 著
発売日 :2002.11.08
定価 :3,024円

いまや国際政治は地球政治という性格を帯びつつある。権力・民主主義・金融・開発などのメカニズムは如何にして地球政治へ吸収されていくのか。その進展と可能性を分析する猪口政治学の新展開。

詳細ページへ

地球政治の構想
現代日本政治の基層
猪口孝 著
発売日 :2002.02.15
定価 :3,456円

現在、世界では三つの国際秩序形成原理が競争している。第一の原理は主権国家間の政治であり、第二の原理は人民主権を軸とする。第三の原理は主権が喪失していることを前提とした考え方だ。2001年9月11日に米国を...

詳細ページへ

現代日本政治の基層
アメリカ大統領の正義
猪口孝 著
発売日 :2000.10.11
定価 :1,026円

米国と英チューダー朝の相似、王朝的米国と封建的日本の相剋、情報公開によって作られる歴史など、新しい視点から眺める日米関係。

詳細ページへ

アメリカ大統領の正義
冷戦後の日米関係
猪口孝/P・グレビッチ/C・プリントン 編著
発売日 :1997.03.05
定価 :6,264円

冷戦集結後、日米とそれを取り巻くアジア太平洋地域の国際関係はどう変化したか。安全保障、経済発展、アジアの視座の三つの角度から、複眼的に分析、21世紀への展開を探る。

詳細ページへ

冷戦後の日米関係
宋代中国を旅する
伊原弘 著
発売日 :1995.09.06
定価 :1,362円

あざやかに蘇る10~13世紀の旅人たちの姿。街道のにぎわい、橋の工夫、道のありさま、気鋭の中国史家の筆が冴える。

詳細ページへ

宋代中国を旅する
情報技術と経済文化
今井賢一/スタンフォード日本センター/BBCCメメックス研究会 編著
発売日 :2002.03.22
定価 :3,780円

今井賢一氏が中心となり、多くの研究、組織から人材を集めて組織した「次 世代情報網の利用研究と日本型連想検索のシステムの構築」と題する研究 プロジェクト(通称メメックス研究会)の6年間にわたる研究の成果を...

詳細ページへ

情報技術と経済文化
リーディングズ 都市と郊外
今橋映子 著
発売日 :2004.12.10
定価 :4,104円

文学、社会学、記号学、歴史学とも関わりはじめた70年代から現在に至る都市論の展開を基本的文献のエッセンスをたどりながら一望し、これからの都市論の充実に欠かせない郊外論の重要性に注目する。

詳細ページへ

リーディングズ 都市と郊外
迷宮都市モロッコを歩く
今村文明 著
発売日 :1998.02.06
定価 :1,620円

旅人は必ず迷うというモロッコの都市。一見無秩序にみえる街が、いかにモロッコの風土に適ったものか、歴史的事象や一つ一つの建物などを丹念に見ながら解き明かす。

詳細ページへ

迷宮都市モロッコを歩く
ひょっこり クック諸島
岩本宣明 著
発売日 :1998.07.23
定価 :1,404円

ハワイ諸島から真南に5000キロ、大平洋の真ん中に、ココナツやフルーツ、豚や魚に囲まれた、地上最後の楽園があった。

詳細ページへ

ひょっこり クック諸島
ニューヨーク・ミュージアム・ガイド
インターカルチュラル・グループ 編
発売日 :1995.06.28
定価 :1,782円

ニューヨークを歩き、街を味わいながらミュージアムを訪ねる新しいタイプのカイドブック。N.Y.にあるほとんどのすべての美術館、博物館、植物園、動物園などを紹介。現地直送の一冊。

詳細ページへ

ニューヨーク・ミュージアム・ガイド
先端技術の開発と政策
植草益 編
発売日 :2006.01.31
定価 :4,104円

ライフサイエンス、情報通信(IT)、ナノテクノロジー、環境・エネルギー、そして「融合技術」の創造。基礎、応用、開発研究を包含する総合的政策手段を展望する。

詳細ページへ

先端技術の開発と政策
日本の産業システム1 エネルギー産業の変革
植草益 編/総編集
発売日 :2004.01.03
定価 :4,104円

規制緩和と技術革新によるエネルギー産業の構造変化を、海外実情と合わせて具体的に分析する。今後の規制緩和を展望し、将来的にエネルギー産業内企業が取るべき戦略と、この産業への新規参入戦略について論じる。

詳細ページへ

日本の産業システム1 エネルギー産業の変革
社会経済システムとその改革
植草益 編
発売日 :2003.03.21
定価 :3,672円

わが国の社会経済システムの実態を分析し、どのような方向にシステム改革を進めるべきかを検討する。財政金融、公共経済、産業・企業情報システムなどの視点から、21世紀の社会経済システムの望ましい姿を探る。

詳細ページへ

社会経済システムとその改革
現代産業組織論
植草益 ほか著
発売日 :2002.03.18
定価 :2,808円

産業組織論の伝統的な体系をベースに、ゲーム理論、範囲の経済性、コンスタラブル 市場理論等の新理論、公的規制などの新たな実証分析を加えた新しい体系に向かう産業組織論を明快かつ包括的に解説する。

詳細ページへ

現代産業組織論