ホーム > 書籍出版 > アナザーユートピア オープンスペースから都市を考える

アナザーユートピア オープンスペースから都市を考える

アナザーユートピア 槇文彦/真壁智治 編著

おススメ本

フラジャイル・コンセプト 青木淳 著 フラジャイル・コンセプト 青木淳 著 【 建築・都市レビュー叢書 】 &nb...
営繕論 内田祥士 著 営繕論 内田祥士 著 【 建築・都市レビュー叢書 】 &nb...
モダニズムの臨界 北山恒 著 モダニズムの臨界 北山恒 著 【 建築・都市レビュー叢書 】 &nb...
妹島和世論 服部一晃 著 妹島和世論 服部一晃 著 【 建築・都市レビュー叢書 】 &nb...

槇文彦/真壁智治 編著

発売日:2018.12.21
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-6077-4

近日発売

この本の内容

モダニズムの先へ  

槇文彦氏は近年の論考「アナザーユートピア」で、建築家は建物をつくることで都市の未来をつくることを目指してきたが、「オープンスペース(開かれた空間)」――広場、路地、道、空き地、原っぱ――を中心につくることが、都市の未来、賑わい、人々の交流をつくるのではないかと主張し、建築の枠組みを越えて多分野の人が取り組むべき課題として問題提起をした。本書では、槇の問題提起を受け、さまざまなジャンルで活躍する若手からベテランまでに声をかけ、「オープンスペース」という概念を深めることで、2020年以降の日本の都市のあり方に一石を投じることを目指す。

執筆者
第Ⅰ部 オープンスペースの思想と歴史
青木淳、陣内秀信、広井良典、中島直人
第Ⅱ部 オープンスペースのためのプログラム
塚本由晴、北山恒、平山洋介、水野祐
第Ⅲ部 オープンスペースをつくる
手塚貴晴+由比、饗庭伸、福岡孝則、保井美樹
第Ⅳ部 オープンスペースをつかう
田中元子、泉山塁威、伊藤亜紗、藪前知子

著者紹介

【編著者】
槇 文彦 (まき・ふみひこ)
建築家。1928年東京都生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、ハーヴァード大学大学院デザイン学部修士課程修了。その後ワシントン大学、ハーヴァード大学、東京大学で教壇に立つ。現在、槇総合計画事務所代表。日本建築学会賞、高松宮殿下記念世界文化賞、プリツカー賞、AIA(アメリカ建築家協会)ゴールドメダルほか受賞多数。文化功労者(2013年)。

真壁智治 (まかべ・ともはる)
プロジェクトプランナー、1943年生まれ。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。プロジェクトプランニングオフィス「M.T.VISIONS」主宰