ホーム > 書籍出版 > ゲーム学の新時代 遊戯の原理 AIの野生 拡張するリアリティ

ゲーム学の新時代 遊戯の原理 AIの野生 拡張するリアリティ

ゲーム学の新時代 中沢新一/中川大地 編著

おススメ本

Sport 2.0 アンディ・ミア 著 Sport 2.0 アンディ・ミア 著 デジタルテクノロジーの進歩はスポーツに大きな変...
ファミコンとその時代 上村雅之/細井浩一/中村彰憲 著 ファミコンとその時代 上村雅之/細井浩一/中村彰憲 著 ゲーム産業の原点であり、クール・ジャパンの元祖...

中沢新一/中川大地 編著

発売日:2019.03.15
定価:2,808円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-0385-6

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

賢い人間(ホモ・サピエンス)から
遊ぶ生命(アニマ・ルーデンス)へ

ゲームの探求と先端テクノロジーがひらく
次世代人類のための未来学

国内ゲーム研究の最前線を担う第一人者たちが集結。
ゲームと遊びの理論的探究から、研究資源としてのアーカイブ整備、ゲームデザイン/テクノロジーの最前線、実世界への応用・実装まで、新たな総合知としての「ゲーム学」の中核的な論点を徹底ガイド。
〈遊び〉と〈人生〉が融合しつつある人工知能時代の人類社会を展望する、未来への羅針盤がここに──!

目次

はじめに 人新世のゲーム学へ 中沢新一
基調報告 日本ゲームの本質にあるもの 遠藤雅伸

Part.1 ゲーム学の射程と最前線
〈遊び/ゲーム〉の来歴をめぐって――何が歴史的に構築されたものなのか 井上明人
本質論としてのゲーム・スタディーズ 松永伸司
プロテスタントの倫理から〈ルディフィケーション〉へ――フィンランドのゲーム、プレイヤー、ゲーム研究 小林信重

Part.2 ゲーム研究のためのアーカイブ戦略
研究資源としてのゲームアーカイブ――立命館大学の取り組みを通じて 細井浩一
ゲーム研究において産学はいかに連携すべきか 川口洋司
ゲーム保存協会の取り組み――アーキビストから見た日本のゲーム保存の問題点 ルドン・ジョゼフ+ルドン絢子

Part.3 ゲームデザイン/テクノロジーが拡張するもの
戦わない戦争ゲーム〉にみるゲームデザインの多様性――インディーゲームが描いた、もうひとつの「戦争」 徳岡正肇
ビデオゲームサウンドは、いかにして聴かれるか――近くて遠い、プレイヤーとサウンドの関係 田中治久(hally)
〈メタAI〉がひらく可能性――よりリアルになるゲーム世界へ向けて 水野勇太

Part.4 現代ゲームの潮流が導く未来学
コンピュータゲームが社会規範を拡張する 福地健太郎
人工知能からはじめるゲーム学――現実とゲーム、人とAIの対称性 三宅陽一郎
「ゲームデザイン」から「楽しい」ドリブンの世界へ 犬飼博士+吉見紫彩

おわりに 遊戯の原理、AIの野生、拡張するリアリティ 中川大地
あとがき 中川大地

著者紹介

【編著者】
中沢新一 (なかざわ・しんいち)
思思想家/人類学者、明治大学研究・知財戦略機構特任教授。1950年山梨県生まれ。1980年代より現代思想を牽引し、宗教から哲学、芸術から科学まで、あらゆる領域にしなやかな思考を展開。主著に『チベットのモーツァルト』『雪片曲線論』『精霊の王』『カイエ・ソバージュ』シリーズ(全5巻)『アースダイバー』『野生の科学』『虎山に入る』ほか多数。本書関連著書に『ポケモンの神話学』『ゲームする人類』(共著)など。

中川大地 (なかがわ・だいち)
評論家/編集者。明治大学野生の科学研究所研究員。1974年東京都墨田区生まれ。ゲーム、アニメ、ドラマ等のカルチャーを中心に、日本思想や都市論、人類学、生命科学、情報技術等を渉猟して現実と虚構を架橋する各種評論等を執筆。著書に『現代ゲーム全史』『東京スカイツリー論』など。批評誌『PLANETS』副編集長。文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員(第21・22回)。