ホーム > 書籍出版 > 暴力と社会秩序 制度の歴史学のために

暴力と社会秩序 制度の歴史学のために

暴力と社会秩序 ダグラス・C・ノース/ジョン・ジョセフ・ウォリス/バリー・R・ワインガスト 著

おススメ本

なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか ロバート・C・アレン 著 なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか ロバート・C・アレン 著 国際間の格差が広がっているのはなぜか。その原因...

ダグラス・C・ノース/ジョン・ジョセフ・ウォリス/バリー・R・ワインガスト 著

杉之原真子 訳

発売日:2017.03.22
定価:5,400円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-4232-9

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

【 叢書《制度を考える》】   

制度学派の巨匠ダグラス・ノース 最後のメッセージ  

近代の政治経済のシステムが必要な条件とは何か。世界の学界で論争の続く大テーマに長年の研究成果を注ぎ込み、新たな地平を切り開く。

書評掲載情報

週刊東洋経済 2017年7/22号 (2017年07月15日付)
日本経済新聞 朝刊 (2017年05月13日付)

目次

ペーパーバック版 序文
序文

第1章 分析枠組み
 1・1 はじめに
 1・2 社会秩序の概念――暴力、制度、組織
 1・3 自然国家の論理
 1・4 アクセス開放型秩序の論理
 1・5 自然国家からアクセス開放型秩序への移行
 1・6 信念について
 1・7 本書の構成

第2章 自然国家
 2・1 はじめに
 2・2 共通点―アクセス制限型秩序の特徴
 2・3 相違点―自然国家の類型
 2・4 特権、権利、そしてエリートのダイナミクス
 2・5 起源―規模と暴力の問題
 2・6 自然国家のダイナミクス
      ―脆弱な自然国家から基本的な自然国家へ
 2・7 成熟した自然国家への移行
      ―混乱、組織、そして中世の教会
 2・8 成熟した自然国家
      ―16世紀から18世紀のフランスおよびイングランド
 2・9 自然国家
 補論―古人骨に基づく保健衛生史の研究結果

第3章 自然国家の事例――英国の土地法
 3・1 はじめに
 3・2 歴史的変化
 3・3 裁判所、法的概念、そして財産法
 3・4 バスタード・フューダリズム(庶子封建制)
 3・5 バスタード・フューダリズムと所有権の非属人化
 3・6 自然国家の類型
 補論 土地利用にかかわる用語解説
 中世イングランドにおける土地所有の集中度の推計

第4章 アクセス開放型社会
 4・1 はじめに
 4・2 共通点―アクセス開放型秩序の特徴
 4・3 制度、信念、アクセスの開放を支えるインセンティブ
 4・4 包摂―市民の拡大
 4・5 アクセス開放型秩序における暴力の制御
 4・6 政府の拡大
 4・7 短期的な安定を保つ要因
 4・8 長期的安定の要因―適応効率性
 4・9 なぜ制度はアクセス開放型と制限型社会では
      異なる作用を持つのか
 4・10 新たな「集合行為論」とレント・シーキングの理論
 4・11 民主政と再配分
 4・12 アクセス開放型秩序における適応効率性
      および経済と政治の独立

第5章 アクセス制限型秩序からアクセス開放型秩序への移行
      ――戸口条件
 5・1 はじめに
 5・2 個人性と非属人性―戸口条件
 5・3 戸口条件1―エリートに対する法の支配
 5・4 戸口条件2―公的、私的領域での永続的組織
 5・5 戸口条件3―軍へのコントロールの確立
 5・6 英国の海軍と国家
 5・7 時間、順序、そして制度の形態

第6章 厳密な意味での移行
 6・1 アクセス開放の制度化
 6・2 党派への恐れ
 6・3 成り行き 
 6・4 政党と企業体
 6・5 イギリスにおけるアクセス開放への移行
 6・6 フランスにおけるアクセス開放への移行
 6・7 アメリカにおけるアクセス開放への移行
 6・8 アクセス開放の制度化―なぜ西洋か?

第7章 社会科学にとっての新たな研究課題
 7・1 枠組みの問題
 7・2 概念枠組み
 7・3 社会科学の新たなアプローチ
      ―暴力、制度、組織、そして信念
 7・4 社会科学への新しいアプローチ―発展と民主政
 7・5 国家の理論へ向けて
 7・6 暴力と社会秩序―今後の課題

ペーパーバック版へのあとがき
謝辞
原注
参考文献
訳者あとがき
索引

著者紹介

ダグラス・C・ノース (Douglass C. North)
1993年ノーベル経済学賞の共同受賞者。2015年没。著書に『制度・制度変化・経済成果』)『ダグラス・ノース 制度原論』などがある。

ジョン・J・ウォリス (John Joseph Wallis)
メリーランド大学経済学部教授。経済史

バリー・R・ワインガスト (Barry R. Weingast)
スタンフォード大学政治学部教授。政治経済学