ホーム > 書籍出版 > 24/7 眠らない社会

24/7 眠らない社会

24/7 ジョナサン・クレーリー 著

ジョナサン・クレーリー 著

岡田温司 監訳

石谷治寛 訳

発売日:2015.03.12
定価:2,700円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4331-9

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

資本主義は睡眠を終わらせる

現代社会の「知覚の危機」を考察する長編エッセイ。いまや情報管理社会は、人々の睡眠時間をコントロールするまでに至っている。人々は24時間、情報や視覚イメージの生産・消費機構の中におかれ、眠らない世界=24/7に住むようになりつつある。映画、美術作品などを例に挙げつつ、アメリカの現代美術史を代表する碩学が問いかける警世の書。

※24/7:「24 hours/7 days a week」 1日24時間・週7日。「休みなくずっと」という意味。

書評掲載情報

婦人之友(2015年6月号)
読売新聞(2015年4月26日付)

目次

第1章 不眠社会の誕生
第2章 加速するテクノロジーと消費
第3章 24/7の管理社会
第4章 生の物象化と共同性の夢

著者紹介

【著者】
ジョナサン・クレーリー:1957年生まれ。コロンビア大学教授(美術史・芸術理論)。プリンストン大学建築学科客員教授。
著書に『観察者の系譜・新装版』(以文社)、『知覚の宙吊り』(平凡社)などがある。

【監訳者】
岡田温司(おかだ・あつし):1954年生まれ。
京都大学人間・環境学研究科教授。

【訳者】
石谷治寛(いしたに・はるひろ):1977年生まれ。甲南大学人間科学研究所博士研究員。