ホーム > 書籍出版 > 海賊と商人の地中海 マルタ騎士団とギリシア商人の近世海洋史

海賊と商人の地中海 マルタ騎士団とギリシア商人の近世海洋史

海賊と商人の地中海 モーリー・グリーン 著

モーリー・グリーン 著

秋山晋吾 訳

発売日:2014.04.23
定価:3,888円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-4295-4

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

海賊の黄金時代であった17世紀の大航海時代、オスマン帝国が支配する地中海東部の暴力集団の代表格は、聖ヨハネ騎士団だった。宗教的大義と私掠経済を両立させた論理が、地中海に根ざす規範と慣習に基づくことを明らかにした労作。

書評掲載情報

信濃毎日新聞(2014年8月31日付)
日本経済新聞(2014年6月29日付)

目次

第1章 臣民と君主
16世紀という時代
どこにもいるが、どこにもいないギリシア商人
小括

第2章 宗教という指標
ヴェネツィアと私掠者たち
戦争と平和の間
ギリシア人とカトリック世界
オスマン世界の正教徒

第3章 海賊の時代
キリスト教徒海賊の都市と新しい国際秩序
縮小するヴェネツィア世界
東地中海における対抗宗教改革
海賊の時代 再考

第4章 オスマン帝国の地中海
海事裁判所
オスマン帝国の地中海

第5章 提訴への道
文書の束
支援者たち
カトリック信徒と正教徒

第6章 マルタの法廷にて
法廷にて
法廷の外で

第7章 ローマへ
ルカリス、ヴァティカン、ギリシア商人
マルタ、ローマ、ギリシア商人
ゲオルギオス・メロス、ローマへ行く

著者紹介

【著者】
モーリー・グリーン(Molly Greene) 米プリンストン大学歴史学部教授。博士。専門は近世ギリシア・地中海史。東地中海を舞台とする異文化接触に関する研究を積み重ね、おもに17世紀のギリシアを軸に、オスマン史とイタリア史、中東史とヨーロッパ史をつなぐ歴史像の構築に挑んでいる。
著書に、17世紀のクレタ島におけるキリスト教徒とイスラーム教徒の関係を描いたA Shared World: Christians and Muslims in the Early Modern Mediterranean(Princeton University Press)がある。


【訳者】
秋山晋吾(あきやま・しんご)
一橋大学大学院社会学研究科教授。博士(文学)。専門は東欧・中欧の社会史。地中海・バルカンから近世ハンガリーに到来したギリシア商人の研究に取り組んでいる。
共編著に『つながりと権力の世界史』(彩流社)、共著に『ハプスブルク帝国政治文化史』(昭和堂)、共訳に『総覧 東欧ロシア史学史』(ニーデルハウゼル・エミル著、北海道大学出版会)、監訳書に『ハプスブルク君主国 1765-1918』(ロビン・オーキー著、NTT出版)などがある。