ホーム > 書籍出版 > ガバナンスとは何か 

ガバナンスとは何か 

ガバナンスとは何か マーク・ベビア 著

マーク・ベビア 著

野田牧人 訳

発売日:2013.10.23
定価:2,052円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4317-3

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

ガバナンスについての代表的な理論を説明するとともに、今日の企業や公共分野、国際的な問題などさまざまな領域におけるガバナンスのもつインパクトについて解説する。

目次

第1章 ガバナンスとは何か
ガバナンスとガバメント
新しいガバナンス
水産養殖を巡る事例
ガバナンスと歴史

第2章 組織のガバナンス
階層構造
市場
ネットワーク
学界での動き
近代主義のサイクル

第3章 コーポレート・ガバナンス
近代企業
プリンシパル=エージェント理論
階層構造的監督と統制
市場メカニズムと報酬
企業の社会的責任
社会的・政治的文脈
スキャンダル

第4章 パブリック・ガバナンス
パブリック・マネジメント
刑務所を巡る事例
ネットワーク・ガバナンス
精神衛生を巡る事例
国家を再考する
ガバナンスの多様性

第5章 グローバル・ガバナンス
国際関係の理論
国際機関
新自由主義とグローバリゼーション
報告書「地球リーダーシップ」
地雷を巡る事例
新世界秩序

第6章 良いガバナンス
代議政治と責任政府
開発理論
民主主義にかかわる憂慮
協調型ガバナンス
灌漑を巡る事例
ガバナンスの評価
民主主義の将来

読書案内
図版一覧
索引

著者紹介

【著者】マーク・ベビア
カリフォルニア大学バークレイ校政治学教授。

【訳者】野田牧人(のだ・まきと)
翻訳家。
訳書に『地政学とは何か』(NTT出版)、『キュレーション』(プレジデント社)などがある。