ホーム > 書籍出版 > モール化する都市と社会 巨大商業施設論

モール化する都市と社会 巨大商業施設論

モール化する都市と社会 若林幹夫 編著

若林幹夫 編著

発売日:2013.10.10
定価:3,672円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-4318-0

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

ショッピングセンター・ショッピングモールに複数の視点からアプローチすることで、多角的に現代の社会、文化、都市について考察する。

目次

序 章 ショッピングセンター・ショッピングモールのある社会へ 若林幹夫
第1章 玉川高島屋ショッピングセンターという起源 楠田恵美
第2章 社会を夢みる巨大商業施設 田中大介
第3章 建築空間/情報空間としてのショッピングモール 南後由和
第4章 多様性・均質性・巨大性・透過性 若林幹夫
第5章 消費社会という「自然」 田中大介
終 章 ショッピングセンター・ショッピングモールから見える現代の都市と社会

著者紹介

若林幹夫(わかばやし・みきお)
1962年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。
著書に『熱い都市 冷たい都市・増補版』(青弓社)、『〈時と場〉の変容』(NTT出版)などがある。