ホーム > 書籍出版 > 古典を失った大学 近代性の危機と教養の行方

古典を失った大学 近代性の危機と教養の行方

古典を失った大学 藤本夕衣 著

藤本夕衣 著

発売日:2012.09.11
定価:4,104円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4299-2

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

近代の陰りとポスト・モダンの波のなかで、「大学」の理念と存在意義は崩壊した。それでも「古典を読む場としての大学」の価値を取り戻すことによって、これからの「大学」の再生はある。ブルームとローティの対比の中から問う。

目次

はじめに
序 章  大学改革の限界
 第1節 「ユニバーサル化」と「グローバル化」
 第2節 揺らぐ大学の理念

第1章  「ポスト・モダン」と古典 ―「大学の物語」をかたる条件
 第1節 「大きな物語」の失墜
 第2節 古典論の変遷

第2章  解体する大学における古典 ―A.ブルームの「大学の物語」
 第1節 ブルームにとっての「本当の争点」
 第2節 大学の誕生とその二度の解体
 第3節 グレート・ブックスが引き出すエロスと友情

第3章  自閉する大学における古典 ―R.ローティの「大学の物語」
 第1節 ローティにとっての「大学」
 第2節 二つの大学批判とポストモダニズムの隘路
 第3節 偉大なる文芸作品が与えるインスピレーション

第4章  対立する古典論 ―「危機」か「希望」か
 第1節 接点としてのL.シュトラウス
 第2節 「近代性の危機」と古典論
 第3節 ブルームの新たな課題
 第4節 ローティの新たな戦略

第5章  アイロニーとしての古典論
 第1節 歴史主義と反歴史主義の対立
 第2節 二つのアイロニー
 第3節 近代民主主義の病理と古典の意義

終 章  「ポスト・モダンの大学」の彼方
 第1節 新たな古典論に向けて
 第2節 古典を読む場としての「大学」
 第3節 「ポスト・モダンの大学」の条件

おわりに ―来るべき大学

著者紹介

藤本夕衣(ふじもと・ゆい)
東京大学・大学総合教育研究センター特任研究員。日本学術振興会特別研究員、京都大学高等教育研究開発推進センター研究員などを経て現職。
共著書に『現代社会論のキーワード』『生成する大学教育学』(ともに、ナカニシヤ出版)がある。