ホーム > 書籍出版 > 帝国の残影 兵士・小津安二郎の昭和史

帝国の残影 兵士・小津安二郎の昭和史

帝国の残影 與那覇潤 著

與那覇潤 著

発売日:2011.01.14
定価:2,484円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4261-9

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

監督・小津安二郎に影を落とす兵士・小津安二郎。小津はなぜ戦争を撮らなかったのか? その作品に戦争の痕跡はないのか? 小津映画の精緻な解読を通して「日本的」なるものの正体と帰趨を明らかにする、新しいタイプの歴史書。

目次

序 章:ピースの欠けたパズル ――『晩春』批判
第1章:帝国の残影 ――小津安二郎の『暗夜行路』
第2章:大陸の光景 ――沈黙する戦線
第3章:暴力の痕跡 ――戦争の長い影
第4章:叛乱の季節 ――中国化と日本回帰
結 章:呪わしき明治維新――『東京暮色』讃

著者紹介

與那覇潤(よなは・じゅん)
1979年生まれ。愛知県立大学准教授。専攻・日本近現代史。
著書に『翻訳の政治学』(岩波書店)がある。