ホーム > 書籍出版 > 脱成長の地域再生 

脱成長の地域再生 

脱成長の地域再生 神野直彦/高橋伸彰 編著

神野直彦/高橋伸彰 編著

発売日:2010.11.30
定価:2,376円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4259-6

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

地域は疲弊し、コミュニティはばらばらになっていく。地方間の格差が広まったのは、地方に関する戦後日本の基本的な政策に根本的な誤りがあった! 各分野の専門家が現状の問題について独自の分析と将来への提言をおこなう。

目次

序 章 なぜ、いま地域再生なのか(神野直彦)
第1章 大都市集中を招く日本の税構造:スウェーデン、イギリスとの比較から(星野泉)
第2章 地域再生を阻む貧困要因:国保・国年制度の危機の視点から(下平好博)
第3章 自治体行政の課題と役割:自治体になにができるか(辻山幸宣)
第4章 コミュニティと地域再生:都市政策と福祉政策の統合に向けて(広井良典)
第5章 「生活公共」の創造:家族生活から出発する(住沢博紀)
第6章 参加ガバナンスの視点から:市民社会・NPOの多様な事例を通して(坪郷實)
終 章 成長の先に豊かさはない:福祉の危機を超えて(高橋伸彰)

著者紹介

◆神野直彦(じんの・なおひこ)
1946年生まれ。東京大学名誉教授。専門は地方財政論。
著書に『システム改革の経済学』(岩波書店)、『地域再生の経済学』(中公新書)などがある。

◆高橋伸彰(たかはし・のぶあき)
1953年生まれ。立命館大学国際関係学部教授。専門は、日本経済論、経済政策。
著書に『優しい経済学』(ちくま新書)、『グローバル化と日本の課題』(岩波書店)がある。


○著者
星野泉(ほしの・いずみ):明治大学政治経済学部教授
下平好博(しもだいら・よしひろ):明星大学人文学部教授
辻山幸宣(つじやま・たかのぶ):地方自治総合研究所所長
広井良典(ひろい・よしのり):千葉大学法経学部教授
住沢博紀(すみざわ・ひろき):日本女子大学家政学部教授
坪郷實(つぼごう・みのる):早稲田大学社会科学総合学術院教授