ホーム > 書籍出版 > スマートエイジング入門 地域の役に立ちながらボケずに年を重ねよう

スマートエイジング入門 地域の役に立ちながらボケずに年を重ねよう

スマートエイジング入門 山田肇 編著

山田肇 編著

榊原直樹/関根千佳/藤方景子/堀池喜一郎/矢冨直美/遊間和子 著

国際社会経済研究所 監修

発売日:2010.03.29
定価:2,376円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-0274-3

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

加齢とともに機能は低下するが、これは遅らせることができる。「ピンピンコロリ」などと言われるが、最後まで健康で楽しく暮らすために、どんなことをするのか、どんなことができるのか、の秘訣をお教えします!

目次

はじめに
 幸せな老後
 シニアだけの社会が到来する
 「寂しいシニアライフ」それとも「楽しいシニアライフ」?
 住み慣れた地域で楽しく過ごす

第二章 老年学が見つけたこと
 最初の発見「人生七十古来稀なり」
 二つめの発見
 三つめの発見
 四つめの発見
 五つめの発見 「住み慣れた地域で自分らしく生きる」ことと「シニアにやさしい街づくり」
 まとめ

第三章 認知症予防の方法 ――個人でできること、地域でできること
 はじめに
 認知症にならないための生活習慣
 認知症予防にかなった地域づくり

第四章 シニアがシニアを支援するしくみ
 テレフォンボランティアの活動
 「テレフォンボランティアさくら」の事例紹介
 円滑にボランティア活動を行なうための体制~大山崎町社会福祉協議会の役割~
 さくらの活動事例から学ぶ「シニアによる、シニアのための社会参加機会」

著者紹介

【編著者】山田肇(やまだ・はじめ)
東洋大学経済学部教授、コンサルタント。
内閣官房電子政府ガイドライン作成検討会、総務省グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォースなどに参加。情報アクセシビリティに関する国内・国際標準の作成責任者。情報社会の関わる制度のあり方について活発に発言を続けている。
単著の『技術経営』、編著の『情報アクセシビリティ』(いずれもNTT出版)など著書多数あり。