ホーム > 書籍出版 > ネットの高い壁 新たな国境紛争と文化衝突

ネットの高い壁 新たな国境紛争と文化衝突

ネットの高い壁 原田泉/山内康英 編著

原田泉/山内康英 編著

張力/山本達也/須田康司 著

国際社会経済研究所 監修

発売日:2009.12.22
定価:3,456円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-0272-9

品切れ

この本の内容

インターネットは国境のない理想的で平等な世界なのか? 現実のネットの中はかつてよりも文化・文明による壁が高くなり、国境と関係なく存在している。豊富な海外事例とともに新しい「ネットの壁」を探る。

目次

序 章 「多様な情報社会の多様な壁」 
国際社会経済研究所 主席研究員 原田 泉

第一章 「ネットの壁を外からどう見るか?日・米・中の視点」
     多摩大学情報社会学研究所 教授 山内 康英

第二章 「中国におけるネットグループと『壁』現象」
     中国現代国際関係研究院 安全保障・戦略研究所副所長 張力

第三章 「イスラム社会におけるネット上の壁」
名古屋商科大学 講師 山本 達也

第四章 「EUにおけるイスラムの壁」
     国際社会経済研究所 主席研究員 須田 康司

著者紹介

原田泉(はらだ・いずみ)
国際社会経済研究所主席研究員・調査部長。日本危機管理学会理事長、早稲田大学理工学部非常勤講師、中国・華東師範大学客員教授、情報社会学会発起人および運営委員、国際大学GLOCOM客員研究員。
編著書に『ネット戦争』『クリエイティブ・シティ』『ネット社会の自由と安全保障』(すべてNTT出版)などがある。