ホーム > 書籍出版 > 投資信託の基本としくみ 安定した運用の指南書

投資信託の基本としくみ 安定した運用の指南書

投資信託の基本としくみ 古宇田義規/伊藤公一 著

古宇田義規/伊藤公一 著

発売日:2008.12.08
定価:1,944円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-2226-0

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

これから資産運用をする人や、過去に投資で苦い経験をした人が、誤った思い込みや偏った経験で間違った資産運用をしないための基本書。

目次

第1章 投資信託の基礎知識
1.投資信託とは何か
2.投資信託のしくみ
3.投資信託の種類
4.投資信託の運用会社と運用体制
5.販売会社の選び方

第2章 運用の基礎知識
1.リスクとリターンの考え方
2.債券のリターンとリスク
3.株式のリターンとリスク
4.外国株式・外国債券のリターンとリスク
5.不動産のリターンとリスク
6.リスクとリターンのまとめ

第3章 購入前にすべきこと
1.投資信託の購入が他の商品の購入と異なる点
2.ファイナンシャル・プランニングの必要性
3.現役サラリーマンの目標設定、運用方針
4.退職者の目標設定、運用方針
5.将来設計の重要性

第4章 購入プランの作成と資産配分
1.リスクとリターンによる資産配分の決め方
2.年金生活者の資産配分
3.現役サラリーマンの資産配分
4.投資信託の組合せ方

第5章 投資信託の選び方
1.一般的な情報収集
2.インデックスかアクティブか?
3.インデックスファンドの選定
4.アクティブファンドの選定
5.投資の見直し

第6章 代表的な投資信託商品
1.個別ファンドの説明
2.定期分配型ファンド
3.インデックスファンド
4.日本株アクティブファンド
5.新興国株式ファンド

著者紹介

古宇田 義規(こうた・よしのり)
マーサー ジャパン株式会社 取締役、CFP、CFA、CMA
世界有数の資産運用コンサルティング部門を有するマーサーの日本における資産運用コンサルティング部門の代表として、企業の確定給付企業年金・確定拠出年金へのコンサルティングおよび金融機関やファイナンシャル・プランナー(FP)へ運用機関・投信のデータベース、分析ツールやコンサルティングの提供などの業務を統括。
マーサー入社以前は、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)にて内外債券などの投資業務や資産負債管理(ALM)業務、フランク・ラッセル(現ラッセル・インベストメント・グループ)にて企業年金、公的年金と金融機関へのコンサルティング業務やシティグループ・アセット・マネジメントの日本拠点で常務取締役を経て現在に至る。

伊藤 公一(いとう・こういち)
マーサー ジャパン株式会社 プリンシパル
マーサーにおいては確定拠出年金や金融機関などの顧客へのコンサルティングの他、データベースや分析ツールの提供を担当。
マーサー入社以前は、国際証券(現三菱UFJ証券)、中央信託銀行(現中央三井アセット信託銀行)で証券・運用業務、フランク・ラッセル(現ラッセル・インベストメント・グループ)などで、運用機関評価業務などを担当して、現在に至る。

※マーサーはニューヨークを本拠地とする、世界有数の運用コンサルティング会社