ホーム > 書籍出版 > おもしろい歴史物語を読もう 

おもしろい歴史物語を読もう 

おもしろい歴史物語を読もう 杉原志啓 著

杉原志啓 著

発売日:2008.11.29
定価:1,728円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4205-3

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

日本近代に書かれた史書のなかで、歴史物語として小説のように楽しく読めるものを紹介し、その書き手である作家たちについてもあわせて紹介する。

目次

序 史書遍歴
歴史物語の再興者――松本清張と司馬遼太郎
英雄物語の真髄――山路愛山(やまじ・あいざん)『豊臣秀吉』
名文で語る日本人の物語――竹越三叉(たけこし・さんさ)『二千五百年史』
永遠の"ワン・パータン"――田口卯吉(たぐち・うきち)『日本開化小史』
理想家がみた日本近代発展史――三宅雪嶺(みやけ・せつれい)『同時代史』
善悪の此岸――福本日南(ふくもと・にちなん)『元禄快挙録』
歴史小説家秘密のアンチョコ――徳富蘇峰(とくとみ・そほう)『近世日本国民史』
佐幕史観からみた幕府滅亡物語――福地源一郎(ふくち・げんいちろう)『幕府衰亡論』
忘れられた明治の人気評論家――白柳秀湖(しらやなぎ・しゅうこ)『定版 民族日本歴史』
「白柳史学」の魅力――白柳秀湖『定版 民族日本歴史』
風景のナショナリズム――志賀重昴『日本風景論』
「精神史的物語」の面白さ――大川周明『日本二千六百年史』
坂本多加雄の歴史物語論
あとがき――坂本多加雄先生と私

著者紹介

杉原志啓(すぎはら・ゆきひろ)
音楽評論家。学習院女子大学、東北公益文科大学などの講師。
1951年生まれ。学習院大学政治学研究科博士課程修了。
著書に『蘇峰と「近世日本国民史」』(都市出版)、『音楽幸福論』(学習研究社)、『音楽の記憶』(アーツアンドクラフツ)などがある。