ホーム > 書籍出版 > IT投資とコストマネジメント 

IT投資とコストマネジメント 

IT投資とコストマネジメント 東山尚 著

東山尚 著

日本情報システム・ユーザー協会(JUAS) 監修

発売日:2008.11.17
定価:4,104円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-2224-6

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

情報システムの調達・契約からITプロジェクト監督上の基本的なフローや、経営環境の変化に対応できるITアーキテクチャ構築のための指針を提示する。

目次

第1章 企業ガバナンスとITガバナンス・IT統制
第2章 経営戦略とIT戦略の連携でIT効果を追求するシステム
第3章 経営リソースとしての情報システム資産価値
第4章 ITコストマネジメント
第5章 IT投資と投資効果の把握
第6章 情報システムによるサービスと満足度
第7章 情報システムの調達・契約とプロジェクト監督
資料 欧米先進諸国のユーザ企業のIT投資とコストマネジメント
用語集

著者紹介

東山尚(とうやま・たかし)

千代田化工建設株式会社で、化学プロセス自体とプロセス制御の数値計算アルゴリズムの開発、コンピュータシステムの設計開発・納入運転を手がけ、その後、情報システム部長・技師長として、海外へのプラント輸出に伴うプロジェクト管理、調達管理、3次元CAD等のシステム開発と運用を統括した。株式会社CSKでは、SI事業本部、コンサルティング事業部を創設するとともに、情報システム本部を含む取締役本部長を務め、その後、コンカレント日本株式会社代表取締役社長として、マルチCPUのリアルタイムUNIXマシンの販売・設計納入・保守サービスを統括した。1995年12月、米国先端技術調査会社のコンサルタントとして、IT市場動向分析、IT商品競合分析、IT企業競合分析、ITビジネス戦略、企業向けIT戦略などのプロジェクトに参加するとともに、情報システム企画設計、情報システム化戦略の策定支援を手がけ、現在に至る。
ISO、IECで、計測制御、計算機制御、LAN、記述言語、学術用語、システムモデリング等の国際標準化活動に30年近く携わった。最近は、社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)で、ビジネスシステム定義プロジェクトとITコストマネジメント研究プロジェクトのプロジェクトリーダーを務め、国内外のITコストマネジメント、IT投資評価の調査も行っている。
日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)
広域情報化に代表される経営・情報化環境の変革に対応するために、ユーザーの立場での産業情報化の推進を目的とする団体。
現会長は石原邦夫(東京海上日動火災保険・取締役会長)。