ホーム > 書籍出版 > ウェブログの心理学 

ウェブログの心理学 

ウェブログの心理学 山下清美/川浦康至/川上善郎/三浦麻子 著

山下清美/川浦康至/川上善郎/三浦麻子 著

発売日:2005.03.08
定価:2,376円
サイズ:四六判
ISBNコード:4-7571-0149-X

オンラインで購入

お電話やFAXでのご注文はこちらへ

この本の内容

ウェブログとは何か。どのように生まれどう展開してきたか。その成長過程で本質的に変わらなかったことは何か。新たに変化したことは何か。今後どのような方向に発展していくのか、などのテーマを多角的に分析。

目次

第一章 インターネット時代のコミュニケーション
コミュニケーションの公開化と個人化/インターネットのコミュニケーション的特質/ホームページをもつということ/ホームページの読み手であること
第二章 コミュニティに見るウェブログの歴史
ウェブログ草創期はいつをさすのか/登録型リンク集コミュニティに見るウェブログ草創期とその発展/アンテナ系コミュニティに見るブログ・ツール文化の原型/レンタル・サービス系コミュニティの挑戦/日本発ブログ・ツール系系コミュニティが目指すもの/ウェブログ・コミュニティの融合と発展に向けて
第三章 ウェブログの社会心理学
ウェブ日記の動機と効用/ウェブ日記スパイラル/自己表現とコミュニケーション
第四章 ウェブログの現在と未来
ウェブログの現在――拡大するウェブログ・コミュニティ/ウェブログに関する心理学的研究/ウェブログがインターネット社会にもたらしたもの/コミュニケーション・ツールからソーシャル・ネットワーキングへ/ウェブログ・ブームはどこへ行くのか
終章 ウェブログ・個人・社会

附録 ウェブログの歩き方 ウェブログを楽しく『読む』『書く』『つながる』ためのアドバイス/インターネット・ウェブログ関連年表/ウェブログに関する論文・記事リスト

著者紹介

山下清美(やました・きよみ)
専修大学ネットワーク情報学部教授

川浦康至(かわうら・やすゆき)
東京経済大学コミュニケーション学部教授

川上善郎(かわかみ・よしろう)
成城大学文芸学部教授

三浦麻子(みうら・あさこ)
神戸学院大学人文学部助教授