ホーム > 書籍出版 > インターネットガバナンス 理念と現実

インターネットガバナンス 理念と現実

インターネットガバナンス 会津泉 著

会津泉 著

発売日:2004.12.10
定価:3,024円
サイズ:四六判
ISBNコード:4-7571-0144-9

品切れ

この本の内容

ルートサーバーの法的管轄権はアメリカ政府にあるとされているが、世界で40億の人間が利用しているインターネットはもはや人類の「公共資源」であり、市民社会を含む運用体制への取組みが切実に求められている。

目次

序章 WSIS東京準備会合――台湾NGOの参加で紛糾
1章 なぜ情報社会サミットなのか――智民の台頭
2章 インターネットガバナンス――政府管理の強化をめぐってWSIS最大の争点に
3章 ICANNの歩みと課題――グローバル・ガバナンスのテストケース
4章 デジタルデバイドとICTのガバナンス――ドットフォースに参加して
5章 グローバルなガバナンスの理念とは――求められる新たな多元主義
6章 今後の展望――日本の課題・アクティビズムの実践へ
終章 おわりに――911の悲劇を超えて

著者紹介

会津泉(あいづ・いずみ)
ハイパーネットワーク社会研究所副所長、多摩大学情報社会学研究所主任研究員・教授、ICANN一般会員助言委員会(ALAC)委員、衛星ブロードバンド普及推進協議会事務局長。
著書に『パソコンネットワ-ク革命』(日本経済新聞社)、『アジアからのネット革命』(岩波書店)、『インターネットガバナンス』『進化するネットワーク』(ともにNTT出版)などがある。訳書にスカリー『スカリ-』(早川書房)、ブレッサン『ネットワ-ルド』(東洋経済新報社)、ラインゴールド『バーチャル・コミュニティ』(三田出版会)がある。