ホーム > 書籍出版 > 産業再生と企業結合 課題・政策・ルール

産業再生と企業結合 課題・政策・ルール

産業再生と企業結合 鶴田俊正/糸田省吾/日下部聡 編著

鶴田俊正/糸田省吾/日下部聡 編著

発売日:2004.02.19
定価:4,536円
サイズ:A5判
ISBNコード:4-7571-2124-5

品切れ

この本の内容

規制緩和、組織選択の自由化、競争政策の強化を柱とする産業政策のうち、競争政策の内容、体制、措置体系という課題に関して、独禁法に基づく企業結合審査の運用実績を分析する。

目次

第1部 産業再生の現代的課題と政策対応
 第1章 企業成長・新時代への模索
 第2章 産業再生の現代的課題
 第3章 新たな資本主義のかたちと企業像

第2部 企業統合の経済学と独禁法ルール
 第4章 企業統合に関する産業組織論からの評価
 第5章 企業結合規制の現状と課題
 第6章 欧米における企業結合審査
 第7章 日本における企業結合審査
 第8章 企業結合規制の改革のあり方
 第9章 企業結合規制と競争政策

著者紹介

鶴田 俊正(つるた としまさ)
専修大学経済学部教授。1934年生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業。同大学院経済学研究科修士課程修了。(財)国民経済研究協会主任研究員、研究部長を経て現職。公正取引委員会独占禁止懇談会会員。内閣府国民生活審議会委員等を歴任。第19回石橋湛山賞受賞。
主要著書に『戦後日本の産業政策』(日本経済新聞社)、『日本経済、協調と挑戦』(東洋経済新報社)、『規制緩和─市場の活性化と独禁法』(筑摩書房)等がある。
糸田省吾(いとだ しょうご)
東京経済大学現代法学部教授。1937年生まれ。北海道大学法学部卒業。同大学院法学研究科修士課程終了。公正取引委員会事務総長、公正取引委員会委員を経て、現職。
専攻、競争政策。著書に、『事例独占禁止法』(青林書院)、『条解独占禁止法』(共編著、弘文堂)等がある。
日下部 聡(くさかべ さとし)
経済産業省産業政策局産業組織課長』、専修大学客員教授(経済学研究科において「産業政策」を担当)。1960年生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。通商産業省(現経済産業省)入省。資源エネルギー庁公益事業制度改正審議室長、商務情報政策局情報経済課長を経て現職。
電力自由化、IT政策、産業組織政策、事業再生政策などに携わる。この間、米国ロチェスター大学大学院経済学博士課程留学。